老人性色素斑

老人性色素斑

 

シミの中で一番多いのが「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」
「日光性黒子」とも呼ばれる、紫外線の影響によるシミです。
「老人性」という名が付いていますが、日焼けによってできて、若い世代でも大量に紫外線を浴びると発生する可能性が高まります。

老人性色素斑の原因

紫外線が原因ですが、日焼けするとすぐにできるとは限りません。
長年の紫外線による肌ダメージが肌ダメージが蓄積されて、急に現れます。
紫外線を浴びた量と比例しやすく、30代以上になると気になるようになります。

主にできる場所・形

顔を含め全身にできて、形は様々です。
はじめはうっすらとした茶色ですが、時間と共に濃く茶褐色や黒色になり、はっきりと現れて輪郭がしっかりと分かるようになります。

老人性色素斑の美白ケア

できはじめの薄いシミには、美白化粧品が有効です。サプリメントの服用で、新陳代謝を促進して排出を促すと薄く目立たなくなってきます。
濃く沈着してしまったシミは、一般的な美白化粧品で消すのは難しくなります。ハイドロキノンなどの美白成分を配合した化粧品やレーザー治療が効果を発揮することもあります。