肝斑

肝斑

 

両頬などに左右対称でできる「肝斑(かんぱん)」
主に女性ホルモンの影響によってできるシミで、30歳以上の女性にできます。
妊娠中やピルを服用中の方、更年期の女性にもよくみられます。

肝斑の原因

女性ホルモンが深く関係する肝斑。生理前や妊娠のあとに目立つようになり、ホルモンバランスが崩れるとできやすくなります。
ストレスや生活の乱れなどが原因でホルモンバランスが崩れ、肝斑が出現することもあります。
閉経で消えると言われていますが、少し薄くなる程度の人もいます。
紫外線や摩擦で濃くなります。

 

主にできる場所・形

頬骨の一番高い場所に左右対称にできることが多いようですが、額や鼻の下などにも出ることがあります。
広範囲でボンヤリ・モヤッとした形で、薄い茶色や灰色に見えます。

肝斑の美白ケア

美白化粧品によるスキンケアが有効です。
ハイドロキノンやアルブチン、油溶性甘草エキス、コウジ酸などが配合された化粧品を選びます。
また、内服薬の市販薬で第一三共ヘルスケア「トランシーノ」が効果を発揮するのが肝斑です。
血栓症や動脈硬化、腎臓病など持病がある方の服用は注意が必要です。
根本の原因はまだ解明されておらず、トランシーノなどトラネキサム酸の飲み薬で治らない人もいます。
光治療やピーリング治療が有効ですが、レーザー治療は悪化させてしまうので行いません。
紫外線を浴びたり、摩擦によって濃くなることがあるため、UVケアを怠らず過度にこすったりしないように気をつけます。