花弁状色素斑

花弁状色素斑

 

海水浴など強い日焼けによってできるシミ「花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)」は別名、海水浴後色素斑とも呼ばれ、紫外線が原因のシミ。花びらのように見えて、日焼けしたあと1〜3ヶ月後、または数年後に現れます。

花弁状色素斑の原因

海水浴などの激しい紫外線を浴びることによってできます。
水ぶくれや表皮がめくれるなどの症状の後に現れます。
色白の人に多く、日焼けした後に赤くなるタイプの人が出やすいようです。

 

主にできる場所・形

背中や肩、腕、二の腕などの全身にでます。
淡褐色から黒褐色で花びら状やこんぺいとうのような形をしています。

花弁状色素斑のケア

急激な日焼けをしたあとに、美白化粧品を使うのはNG。
まずは冷やしたタオルなどでクールダウンさせます。
水ぶくれなどの症状が重い場合には皮膚科などで治療を受けます。
花弁状色素斑には、美白化粧品が有効です。
ハイドロキノンやビタミンC誘導体、ルシノールなどが配合された美白化粧品でケアします。
花弁状色素斑は肌の奥深い場所のシミなので、気長なケアが必要となります。
皮膚科などのレーザー治療が可能です。