雀卵斑(じゃくらんはん・そばかす)

雀卵斑

 

雀卵斑(じゃくらんはん・そばかす)は、遺伝的要因でできる小さなシミ。10代頃から出始めて、鼻を中心に小さなシミが散らばって出ます。

雀卵斑(そばかす)の原因

遺伝的要因が大きく、白人に多く見られます。日本人でも色白の人に出やすい傾向にあります。

主にできる場所・形

鼻の上、額、頬などに出るケースが多く、腕や肩、背中などに全身にも見られます。

雀卵斑(そばかす)のケア

基本的に遺伝的にできるので根本治療は難しいのですが、紫外線を浴びることによって濃くなったり増えたりするので、紫外線対策が重要です。
洗顔などの際にゴシゴシこするとメラニン生成が促されるので、お肌に負担をかけないように心がけます。
ハイドロキノンなどが配合された美白化粧品で薄くする場合もあります。
美容皮膚科などでレーザー治療を受けると取ることも出来ますが、再発することもあります。