シミの種類

シミの種類記事一覧

シミの中で一番多いのが「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」「日光性黒子」とも呼ばれる、紫外線の影響によるシミです。「老人性」という名が付いていますが、日焼けによってできて、若い世代でも大量に紫外線を浴びると発生する可能性が高まります。

両頬などに左右対称でできる「肝斑(かんぱん)」主に女性ホルモンの影響によってできるシミで、30歳以上の女性にできます。妊娠中やピルを服用中の方、更年期の女性にもよくみられます。

ニキビや傷、虫さされ、むだ毛の処理など肌に炎症が起こった跡がシミになったものが「炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)」間違ったクレンジングやマッサージなどによる摩擦でも起こります。

シミがイボのように盛り上がった良性腫瘍の一種「脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)」別名「老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)」「老人性イボ」とも呼ばれ、主に日焼けが原因の老化現象ですが、若い人に見られることもあります。

雀卵斑(じゃくらんはん・そばかす)は、遺伝的要因でできる小さなシミ。10代頃から出始めて、鼻を中心に小さなシミが散らばって出ます。

海水浴など強い日焼けによってできるシミ「花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)」は別名、海水浴後色素斑とも呼ばれ、紫外線が原因のシミ。花びらのように見えて、日焼けしたあと1〜3ヶ月後、または数年後に現れます。