ヤクルト化粧品 リベシィホワイト

メラニンができるすべての過程に着目したリベシィホワイト。

 

紫外線の影響を受けてしまっても、お肌が十分にうるおってターンオーバーがしっかりしていれば
メラニンは自然に排出されてシミはできません。

 

お肌の乾燥・バリア機能の低下・メラニンの過剰生成・ターンオーバーの停滞

 

シミ・そばかすの出来やすいお肌に、乳酸菌と美白のダブル効果で透明感あふれるお肌へ。

メラニンサイクルのすべてにアプローチ

【保湿】うるおす

乳酸菌由来の保湿成分 乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)乳酸菌はっ酵エキス(アロエ)高分子ヒアルロン酸の3つを黄金比率で配合。
みずみずしいしっとりとしたお肌に。

 

【保護】まもる

保湿成分 グリコシルトレハロースが外的刺激に負けない健康的なお肌に。

 

【美白】おさえる

美白成分 ビタミンC誘導体が黒化の原因となるメラニンの生成を抑制し、シミ・そばかすを徹底予防。チンピエキスプルーンエキスなどの植物エキスが透明感ある輝く素肌へ。

 

【活性】うながす

保湿成分 肌活性サポート成分が停滞しがちなターンオーバーを促進し、肌細胞の生まれ変わりのサイクルをサポート。

 

 

紫外線のダメージをお肌にためない、メラニンを作らせない。

 

うるおいに満ちた素肌でシミに負けない輝くお肌へ。


ヤクルトがなぜ化粧品を?

あの小さなプラスチック容器に入ったおなじみのヤクルト。
発売当初はビンに入って売られていました。
回収されたビンを手作業で洗っていた人たちは、長時間の水仕事で手は荒れ放題。

 

・・・のはずが、

 

なめらかスベスベ。

 

乳酸菌のうるおい成分がお肌を守り、手荒れを予防していたのです。

 

ヤクルトの創始者は、乳酸菌にはお肌を守る働きがあることを突き止めたのが昭和20年代。
昭和29年には乳酸菌のうるおい成分「乳酸菌はっ酵エキス(ミルク)」を配合した化粧品が発売されました。

 

永年の乳酸菌とお肌の研究によって、ヤクルトは乳酸菌に乾燥を予防する「保湿作用」、シミ・くすみを作らせない「抗酸化作用」、肌荒れを予防する「pHバランス」、肌ダメージを軽減する「肌ストレス保護作用」が分かっています。

リベシィホワイトおためしセット

 

【セット内容】
リベシィホワイト ウォッシング(薬用洗顔料)
もちもち泡で汚れをすっきりと落とし、美白ケア成分を受け入れやすいお肌へ。
リベシィホワイト ローション(薬用美白化粧水)
みずみずしいテクスチャーで角質層までうるおいを届け、明るい透白肌。紫外線や乾燥による肌荒れも予防。
リベシィホワイト ミルク(薬用美白乳液)
トロッとした感触でお肌にスッとなじみ、うるおいをお肌に閉じ込めて明るい透明感。
リベシィホワイト クレンジング(薬用メイク落とし)
ベタつきのないオイルタイプ。メイク汚れや古い角質、余分な皮脂をきちんと落とします。
リベシィホワイト UVカットミルク(薬用美白乳液(日中用))
ノビのよいサラッとした使い心地で紫外線からお肌を守ります。<SPF17/PA++>

 

じっくり1週間

ヤクルトの美白システム

リベシィホワイトの口コミ

肌表面はサラッとしているのに、お肌はモチモチ。ベタつかずお肌の奥から持ち上がってくるような保湿感は美白化粧品とは思えないですね。

 

友だちの肌が明るくなってきたので問い詰めたらヤクルト化粧品を使っていると白状。香りもやさしくつけ心地もベタベタなくサラッとした仕上がり。私もそろそろファンデの色を1トーン明るくしようかな。

 

普段は緑のリベシィを使っていますが、夏場は毎年リベシィホワイトに。緑がシットリ系で白がサッパリ系かも。使い始める前よりもお肌の調子がいいのでずっとリピ中です。

 

美白化粧品は乾燥するので敬遠していましたが、リベシィホワイトは全然大丈夫でした。透明感もでてきて、夕方の肌くすみも出なくなりました。シミも目立たなくなってきたので効果あると思います。