活性酸素

鉄がさびたり、切ったリンゴが茶色に変色したりするのは、酸素によって引き起こされる「酸化」の仕業。

 

私たちの体は十分な酸素が不可欠ですが、この酸素が化学反応を起こしやすい「活性酸素」に変身してしまうと、細胞や遺伝子を傷つけてしまい、正常な働きが出来なくなり、シミやシワ・たるみなどの肌老化だけでなく、ガンや糖尿病、痴呆症を引き起こすと考えられています。

 

私たちが息をするだけでも活性酸素は発生します。
紫外線やストレス、激しい運動、喫煙、排気ガス、食品添加物、化学物質、加工食品、時間が経って酸化した油などによっても活性酸素を生み出してしまいます。

 

本来、人間の体には活性酸素を除去する働きがあり、細胞のサビを食い止める力「抗酸化力」があります。
しかし、この抗酸化力には限界があり、多くの活性酸素が発生している場合には抑制することが出来ず、活性酸素が残ってしまい、細胞を傷つけて細胞の老化が進行してしまいます。
また、年齢を重ねることで抗酸化力も低下してしまい、細胞の老化はますます進行することに。

 

細胞をサビから守るためには、活性酸素の発生を極力抑える「守り」と、自分自身の抗酸化力を高める「攻め」の両方が大切になります。

シミを予防するための抗酸化アップ法

シミを予防するためには、紫外線やストレスを避けることも大切ですが、活性酸素が細胞を傷つけないように、食品や化粧品で抗酸化力をアップさせることができます。

 

抗酸化物質としてよく知られるのが、ビタミンA・C・E(ビタミンエースなどと呼ばれています)。
これらのビタミン類は、特に抗酸化力が高く、積極的に摂取したい栄養素です。

 

緑黄色野菜

中でもビタミンCは美白のビタミンと呼ばれるほど高い美白効果が期待できます。
ビタミンCは果物だけでなく、野菜類にも多く含まれており、緑黄色野菜にはビタミンCとビタミンAの両方が含まれるものが多く、抗酸化力アップにはピッタリ。

 

ビタミン類の他にも、最近注目されているポリフェノールやアスタキサンチン、リコピンなども美白効果が高く、食生活の中に取り入れていきたい栄養素です。

 

お肌の敵である活性酸素を除去するために、抗酸化物質をいろんな種類のものを組み合わせて取り入れると効果もアップします。

 

シミを作らせない、出来たシミを素早く排出するためには、お肌の抗酸化力を日頃から高めておくのがシミ予防につながります。