厚生労働省が認可した美白成分

厚生労働省が認可した美白成分は以下の通りです。

 

 

ビタミンC誘導体

ビタミンCをお肌に吸収しやすい形にしたもの。抗酸化作用が強く、活性酸素の除去や色素沈着の防止などの働きがあり、シミだけでなくニキビの炎症予防、毛穴の開きやシワなどの効果も。

 

エラグ酸

イチゴ類から抽出された成分。チロシナーゼを抑制する効果があり、ハイドロキノンと同じような働きをする。

 

アルブチン

コケモモなどの植物から抽出された成分。チロシナーゼを抑制し、メラニンの合成を阻害。

 

カモミラET

ハーブのカモミールから抽出された成分。抗酸化作用があり、メラニン生成をメラノサイトに指令を出すエンドセリンを抑制。

 

m-トラネキサム酸

止血剤として使われているトラネキサム酸を美白成分として開発したもの。メラニンの生成を活性化するPGE2を抑制。

 

ルシノール

北欧のモミの木に含まれる成分をヒントにして作られた成分。メラニン色素を合成するチロシナーゼの働きを抑制。化学名は「4-n-ブチルレゾルシノール」。クラレとポーラが共同開発。

 

プラセンタエキス

豚の胎盤から抽出された成分。新陳代謝を活発化し、メラニン色素を体外に排出。チロシナーゼ抑制効果。

 

リノール酸

サンフラワー(紅花)油などの植物油から抽出される成分。チロシナーゼ抑制効果。サンスターが開発し、「リノレックS」はサンスターがつけた愛称。

 

t-シクロアミノ酸誘導体(t-AMCHA)

大豆や卵黄から抽出される成分。メラニンの生成を活性化するPGE2を抑制。資生堂が開発。

 

4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)

チロシナーゼの活性化を阻害しメラニンの生成を抑制。ターンオーバーを活発化し、角化を正常にする。資生堂が開発。

 

コウジ酸

味噌や醤油などに含まれる麹菌由来の成分。チロシナーゼ抑制効果。三省製薬が開発。

 

マグノリグナン

モクレン科ホオノキなどの植物に含まれるポリフェノールをモデルにして作られた成分。チロシナーゼの成熟を阻害。カネボウが開発。

 

D-メラノ

ナイアシン(ビタミンB3)の一種。メラノサイトから表皮細胞への受け渡しを抑制し、過剰なメラニン色素の表面化をブロック。また、メラニンの過剰生成を多方面から抑制。マックスファクターのSK-IIに配合。

 

ロドデノール

白樺の樹脂に含まれる物質。黒色メラニンの生成を優先的に抑制する働きがある。カネボウが開発し、白斑問題を起こした成分。現在、ロドデノールが配合された美白化粧品は販売されていない。

 

TXC

トラネキサム酸セチル塩酸塩。肌内部でメラニンの過剰な生成が起こるときに連鎖反応をストップ。シャネル ル ブランに配合。

その他によく使われる美白成分

ハイドロキノン

美容皮膚科でも処方される美白成分。欧米では美白=ハイドロキノンといわれるほど一般的な成分。チロシナーゼの働きを抑制。濃度が高いと刺激が強くなる。別名「シミの漂白剤」

 

油溶性甘草エキス

別名グラブリジン。甘草(カンゾウ)という生薬から抽出。チロシナーゼの働きを抑制。消炎効果もあり、比較的かぶれにくく肌の弱い人にも使いやすい成分。

 

医薬部外品の美白化粧品の効果

医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に属するもの。効能をもつ成分を配合し、厚生労働省の基準を満たしたものが医薬部外品として認可されます。
医薬部外品(薬用化粧品)の美白化粧品だからといって、美白効果の高さや安全性が保証されるものではなく、シミの種類や人によって効果はまちまち。
厚生労働省に認可された医薬部外品のロドデノール配合化粧品が白斑問題で回収されたのも記憶に新しいですね。
白斑が出てしまった人よりも、実際にシミが消えて美白効果を実感できた人も大勢いたと思われます。

 

表示に関しても厳しい決まりがあり、「メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ」または「日やけによるしみ・そばかすを防ぐ」など美白表現にしばりがあり、「黒いシミが白くなる」「1週間で白さを実感」などと表現することはできません。